海外風俗を初体験するのにお勧めの国はシンガポール

公開日:  最終更新日:2016/06/02

もしあなたが海外の風俗を体験してみたいなら、
初めに経験するのにお勧めな国はシンガポールと私は答えます。
 

シンガポールでの売春は合法となり、
政府公認のゲイラン地区の置屋を是非とも体験してもらいたいです。

 
シンガポールは他のアジア地域の中でも非常に治安は良く、
空港から地下鉄へ乗り継いで、アルジュニードという駅から
徒歩で10分ほどでゲイラン地区の置屋に辿りつきます。

 
私は現地の人に片言英語で道を聞いて目的地に辿り着くことができましたが、
行かれる際はこちらの記事が大変参考になります。
MRT(電車)でのゲイランへの行き方

 
置屋は例えて言うならば、大阪にある飛田新地のような雰囲気です。
しかし、あの日本独特の雰囲気とは違います。
置屋にはたくさんの中国系orタイ系の女の子たちがずらりと並んでます。

 
たくさんいるなかから、番号札で彼女たちを指名し、
料金は45分で80$から100$となります。
(もし変わっていたら御免なさい。)

 
プレイ内容は、軽くシャワーをあびて
軽い前戯があって、ゴムを装着してすぐに合体。
(キスを嫌がる娘も多いです。)
最後は軽く全身をマッサージ。

 
きっと、日本の女の子がいいと貴方も思うはず。
日本の女の子の方が、優しくてサービスもいいと痛感することでしょう。
外国人、しかも英語も日本語も通じない娘と合体する体験を、
あなたはどう感じるでしょうか。

 
女の子によってはサービスもよく、英語も通じ、優しい娘もいますが、
それでも多数派はサービスも単調で、言葉も通じない娘です。

 
治安も良く、合法という点において、
一番初めに体験するなら私はシンガポールをお勧めします。
どう感じるかはあなた次第。


[最新] “ある理由”で、競合が全然いない市場とは?
gsree

元々年収360万円の人材派遣会社サラリーマンが、
“ある市場”を見つけ、ビジネスを始めたところ…。

わずか2年でサラリーマン時代の年収を超え、
5年目の今では年商1億円まで到達しました。

何よりすごいのは、
働いている時間はほとんど週末だけ。

無料で学べる講座
↓↓↓↓↓
競合が全然いない市場

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした
PAGE TOP ↑